注目キーワード

就労不能保険がイマイチな3つの理由

最近CMで話題になってますねー、就労不能保険。

働けなくなってもお金がもらえる。うん、素敵。

というわけで、いろいろ調べてみました。まだ調べが甘いので、きっちり調べたらちゃんと記事にしようと思っています。

が、ですね。

今のとこ、いらないんじゃないかなーって思ってるわけです。

就労不能保険がイマイチだと思う理由

3つありまして。

  • 支払い条件が厳しい
  • そもそも収入ゼロにならないでしょ
  • P免特約ナシ

それぞれ見ていきますねー。

支払い条件が厳しい

そもそも保険って保険金がおりてなんぼです。でも、保険金がおりる条件がキツイと保険金もらえないんですよね。

ざーっと約款読んで行った感じですけども、就労不能保険って

  • 医療保険より支払い条件厳しい

です。かなり条件がキツく設定されています。もらえる人ってすごい限られてると思います。だからその分、保険料もおさえられているんだと思いますけども。

2017年2月現在で発売されている就労不能保険では、ちょっとした怪我や事故程度では保険金はおりません。

入院が長引きがちな精神疾患も対象外です。うつ病とかでもダメですねー。

「保険金おりると思っていたらおりなかった!」って声があちこちから聞こえてきそうな保険に仕上がっております。

そもそも収入ゼロにならないでしょ?

サラリーマンなら1年から1年半の間、傷病手当金がおります。

自営業でも、働けないくらいの状態になれば障害年金がもらえます。

収入ゼロにならないですよね?

また、1年半以上働けなくなる病気って今はホント少ないです。

医療保険選びに役立つかもしれない統計データざっくりまとめ

70歳までに平均入院日数が100日を超える入院となるのは、「精神及び行動の障害」のみです。そもそも就労不能保険の対象外ですから入っていても保険金おりません。

P免特約ナシ

P免特約=保険料払込免除特約ですね。以後の保険料を払わなくていいっていう特約なのですが、

  • つけられません

つまり、「働けなくなっても保険料は払ってね^^」っていう恐ろしい話なわけでして。

保険金で保険料を払い続けるという、なんとも恐ろしいことになっちゃうわけです。

改めて生存リスクに思いをはせる

医療保険もそうなのですが、生きていることをリスクととらえる保険。

働けなくなっても食べなければ生きていけませんし、インフラ料金もかかります。

そこをカバーしたい気持ちはわかるんですよね、私も興味持ちましたし。亡くなったほうがお金かからなかったのに、なんてやるせない話ですしね。

でも、何度も言っていますが、

  • 全てのリスクをカバーするのは不可能

です。できたとしても保険貧乏になります。

保険を買うお金で貯金していれば、貯金だけでカバーできたリスクをカバーできなくなってしまいます。

お子さんがおられる場合は、ご自身に万が一があった場合のリスクを回避することが最優先だと思いますが、お子さんがおられない方にとっては、「今、働けなくなった場合、年金をもらえるまでの収入を保証してくれる保険」は、一番備えておきたいリスクかもしれません。

でも、今売られている保険、イマイチなんですよねえ。

検討されるのは良いと思いますが、もう少し待ってからでいいかもしれません。

どうしても気になるようでしたらFPに相談してみると良いでしょう。間違っても生保会社に直で電話したらダメですよ(笑)。カモがネギをしょっていくようなものです。

FPもどうなんでしょー。今は売りたい保険でしょうからインセンティブかなり乗せられてるかも。

複数のFPもしくは無料相談ができるお店を利用されたほうがいいかもしれませんね。

生命保険無料相談サービスを比較!988人の調査から見えた結果とは?