加入するなら逓減定期保険?収入保障保険?

逓減定期保険 収入保障保険

死亡保険に加入しよう!と思ったときにぶつかる壁の一つに「定額保険」と「逓減保険」があります。

はじめてですと意味がわかりませんよね。

「定額保険」は、いつ亡くなっても同じ金額がもらえる保険。終身保険や定期保険は、このタイプですね。

「逓減保険」は、もらえる金額がどんどん減っていく保険です。いわゆる「三角の保険」と言われている保険です。

「逓減保険」は、さらに

2種類の保険があります。

リンクを貼っていますので、それぞれの詳細についてはリンク先の記事をご参照ください。

逓減定期保険と収入保障保険ってどっちが良いの?

ざっと特徴を表にしますと、

比較項目 逓減定期保険 収入保障保険
受取方法 一時金 年金
保険料 高い 安い
金額の算出 難しい 簡単
取扱保険会社 少ない 多い
デメリット ナシ インフレリスク
向いている人 保険相談をされる人 自分で保険を選ぶ人

あくまでこの2つの保険を比較した場合の話と思ってください。

逓減定期保険の「保険料」は「高い」としていますが、同額の定期保険と比較すると安いです。収入保障保険と比較すると「高い」わけですね。

で、なぜ「逓減定期保険」が保険相談をする人向け、「収入保障保険」が自分で保険を選ぶ人向けなのかと言いますと、

  • 「収入保障保険」は必要な保障額を計算しやすい

からです。

収入保障保険の保障額の計算の仕方

毎月の収支は家計簿をつけられていると思います。

ご主人に万が一のことがあった場合、支出は以下のとおり変化します。

  • 収入:現在の収入 ー ご主人の収入 + 社会保障(遺族年金など)
  • 支出:現在の支出 ー ご主人の支出
  • 変化後の支出:変化後の収入 ー 変化後の支出

「変化後の支出」が、ご主人に万が一のことがあった場合の毎月の支出です。

具体的にするために例を挙げますと、

  • 収入:60万円 ー 60万円 + 13万円 = 13万円
  • 支出:40万円 ー 10万円 = 30万円
  • 変化後の支出:13万円 ー 30万円 = -17万円

毎月17万円不足することがわかるわけですね。

そのため、保険金17万円の「収入保障保険」に加入しておけば大丈夫!ということがわかります。

簡単ですね。そして大きくブレることもありません。

逓減定期保険の保障額の計算の仕方

逓減定期保険の保障額を計算するときのポイントは3点です。

  • 保険金
  • 逓減割合
  • 保険期間

逓減割合は、保険期間満了時にどのくらいの保険金が残っているか?を決める割合ですね。

たとえば、

  • 保険金:1,000万円
  • 逓減割合:20%

ですと、最終的な保険金は、

  • 200万円

まで減少します。一気にストーンと落ちるわけではなく、毎年少しずつ減っていくわけですね。

もう、ここまででイヤになってませんか?(笑)。

では、先ほどのご家族を例にとって具体的なお話をしてみましょう。

ご主人に万が一のことがあった場合に、毎月17万円の保障が必要となるんでしたね。

お子さんが2歳として、お子さんが独立されるまでの間、20年間保障が必要だとします。

スタート時に必要な保険金は、

  • 保険金:17万円 x 12か月 x 20年 = 5,780万円 ≒ 6,000万円

だいたい6,000万円の保障が必要だということがわかります。

では、10年後だとどうでしょう?

  • 保険金:17万円 x 12か月 x 20年 = 2,890万円 ≒ 3,000万円

約半分になりますね。

逓減割合が20%の「逓減定期保険」の場合、

  • 満期時の保険金:6,000万円 x 20% = 1,200万円
  • 毎年の逓減保険金:(6,000万円 ー 1,200万円) / 20年 = 240万円

10年後の保険金は、

  • 10年後の保険金:6,000万円 ー 240万円 x 10年 = 3,600万円

となり、少し保障が大きいですが、ほぼ無駄のない保障となっています。

このとおり、「収入保障保険」と比べると計算がやや複雑になり、専門用語も飛び交います。

第二保険期間があるタイプもありますので、本当に、ご自身で選ぶのはイヤになるのではないでしょうか。

また、逓減定期保険は単品で売っている保険会社は少なく、特約で付加できるタイプが多いです。

終身保険に逓減定期特約をつける、といったイメージですね。

そうなるとさらにわけがわからなくなると思いますので、どちらかというと保険相談をされる方向けの保険と言えます。

逓減定期保険と収入保障保険ってどっちが良いの?まとめ!

表でもお話ししているとおり、

  • ご自身で保険を選ぶなら「収入保障保険」
  • プロに相談されるなら「逓減定期保険」

といったイメージですね。

収入保障保険は多くの保険会社が取り扱っています。ご自身で検討されるなら複数社まとめて資料請求されるのが効率が良いでしょう。

収入保障保険の資料請求!オススメの選び方って?

少しでも「逓減定期保険」が気になるようでしたら、「収入保障保険」も含めて、一度保険相談をされてみてはいかがでしょう。

生命保険の無料相談って何?どんなサービスなの??

生命保険無料相談サービスを比較!988人の調査から見えた結果とは?

    コメントは受け付けていません。