生命保険選びで大事なポイント!シンプルな1点

シンプル

生命保険は、相互扶助の精神で成り立っています。

相互扶助とは、「お互いに助け合いましょう」ということですね。

自分が支払ったお金で誰かが助かっている。

また、誰かのお金で自分が助かることがある。

この考え方はすごく素敵だと思います。

でも、いろいろな商品が出回るあまり、ちょっと複雑になっていますよね。

そもそもそんなに難しく考える必要はなくて、大事なことは1点です。

生命保険を選ぶ際に大事な1点とは?

その保障、いくらで買えるの?

これに尽きると思います。

最初に相互扶助の精神をうたっておきながら、この結論はあんまりな気がしますが(笑)。

確かに相互扶助の精神はとても大事ですし、忘れてはいけないものだと思います。

ただ、それで自分が大幅に損をしてしまうと、ちょっとやりきれないですよね。

なので、相互扶助の精神は尊重しつつ、ご自身も損をしない、それが賢い生命保険の買い方だと思います。

そして、多くの人がハマってしまいがちな罠として、

  • 総払込保険料で考えない

ということがあります。

たとえば、車を買うときって、きちんと調べますよね。

自分に合うのかどうか?色は?形は?燃費は?などなど。

それって、大きな買い物だってことがわかってるからなんです。

例としては、

  • 100万円の車
  • 150万円の車

100万円の車はコスパが良いけれど、Aの機能がついていない。

150万円の車はAの機能はついてるけれど、BとCっていう余計な機能がついちゃってる。

BとCの機能はいらないけど、Aの機能はどうしてもほしい。

Aだけついてる車はないかしら?

50万円の車にAの機能はついてるけれど、形と見た目がイマイチだな・・・。

などなど。

ご自身が納得いくまで車屋さんを回ると思います。

では、生命保険の場合はどうでしょう。

  • 月額3,000円の保険
  • 月額4,000円の保険

なんとなく安いほうでいいかな、なんて決めてしまっていませんか?

これが保険期間:30年の保険だった場合、総払込保険料は、

  • 月額3,000円の保険:3,000円 x 12ヶ月 x 30年 = 108万円
  • 月額4,000円の保険:4,000円 x 12ヶ月 x 30年 = 144万円

と、車と変わらない値段となります。

生命保険の保険料の多くは、月払い保険料で表示されています。

そのため、高い買い物である、という認識が薄れてしまいがちなんですね。

車を買うときに、値段表示が月々のローン金額になっているようなものです。

ですので、保険を選ぶにあたってシンプルな1点は、

その保障、いくら(総払込保険料)で買えるの?

を計算することなんですね。

補足

保険選びにおいて大事なシンプルな1点と書きつつも、実は大事な点はもう1点あったりします(笑)。

いろいろな保険サイトでも書かれていますし、このサイトでもいろんな記事で触れていますが、本当に大事なことは、

保険を買う目的をはっきりさせること

です。

  • 誰が
  • いつ
  • どのくらい

困るのか?を考えて保険を選ぶ、ということですね。

抽象的すぎますので、具体例をあげます。

家族構成として、

  • ご主人
  • 奥さん
  • お子さん(0歳)

を想定します。

ご主人のみ働き、奥さんは専業主婦です。

このご家庭で、ご主人が今亡くなってしまった場合、

  • 誰が(奥さんとお子さん)
  • いつ(ご主人が亡くなってからお子さんが独立するまで)
  • どのくらい(奥さんの生活費とお子さんの養育費)

具体的な数字をざっくりと当てはめますと、

  • 誰が(奥さんとお子さん)
  • いつ(22年間
  • どのくらい(年間300万円

そうすると、

  • 必要な保障:22年間 x 300万円 = 6,600万円

となり、6,600万円が必要なんだな、とわかります。

この中から、遺族年金などの社会保障を差し引いたお金が、必要となる死亡保障の金額です。

このような感じで、目的をはっきりさせて保険に加入するのが望ましいです。

とはいえ、目的については、多くの方が意識されていると思います。

対して、月々いくら払うのか?という点にのみ目を奪われて、最終的にいくら払うのか、ということを軽視しがちな傾向にあります。

そのため、この記事では、保険を選ぶ際には総払込保険料を意識しましょう、ということを記載致しました。

ご自身の保険選びの一助になれば幸いです。

    コメントは受け付けていません。