70代女性にオススメの生命保険は??

70代女性

70代女性にオススメの生命保険は、

  • 医療保険

です。

生命保険の選び方や考え方がわからない!方は、最初に以下の記事がオススメです。

超シンプルにオススメの生命保険を考えてみます

70代女性の生命保険加入率ってどのくらい?

では、まず70代の方がどのくらい生命保険に加入しているのか見てみましょう。

生命保険文化センターの平成24年度調べによりますと、70代以上の方の生命保険加入率は、

  • 81.8%

となっています。

60代から2%ほど下がったとはいえ、それでも多いですね。

次に、生命保険の加入金額は、

  • 715万円

となっています。

60代の女性が652万円であったことを考えると、死亡保障の金額は上がったように思えます。

しかし、この数値は男女を平均した数値です。

性別別の数値は残念ながら記載されていませんでしたので、70代女性の正確な数値はわからないのですが、平均して女性のほうが長寿であることを考えると、女性のみの死亡保障の金額はもう少し下がるのではないかな、と思います。

それでも、70代平均でこの死亡保障は高すぎる気がします。

短期払いの終身保険の保障が残っていたとしても、せいぜい200~300万円といったところではないでしょうか。

多くて500万円、という方が多いと思います。

詳細は死亡保障のところに記載しますが、もし定期保険に加入されているのでしたら、解約して貯蓄に回したほうが良いと思います。

基本的には働いていなければ死亡保障は不要だと思いますので、70代女性の就労割合を見てみましょう。

2015年5月時点における、70代女性の就業率は、
出典(「労働力調査結果」(総務省統計局))

  • 65歳以上:15.6%

残念ながら65歳以上としてひとくくりにされていますので、70代の女性の正確な就業率はわかりません。

しかし、15.6%より多いということはないと思いますので、多くの方が働かれていないと思います。

では、実際に死亡保障が必要かどうかについて見ていきましょう。

70代女性に死亡保障は必要?

死亡保障については、以下の記事にも記載していますので、よろしければご参照ください。

亡くなられる確率だけ抜粋しますと、

  • 70~74歳:36,606人(0.87%)
  • 75~79歳:59,496人(1.69%)

となっています。

同年代の男性と比較すると、亡くなられる確率は半分以下となっています。

決して低い確率ではないですが、そこまで警戒するほど高い確率でもありません。

では、70代の女性に死亡保障は必要でしょうか?

死亡保障が必要かどうかは、これまでの年代同様、以下の条件がそろっている場合のみ必要と考えます。

  • 結婚している
  • 働いている
  • 万が一亡くなられた場合、生涯収支が赤字になる

まず、専業主婦の方、独身の方については死亡保障は不要でしょう。

万が一の際に必要となるお金は葬儀代のみです。

だいたい100~200万円ほどになりますので、貯蓄から十分まかなえると思います。

貯蓄がない場合でも、万が一の確率はそれほど高くありません。

そして、必要となるお金もそれほど大きくありません。

そのため、保険に加入してまで備えるリスクではないと思います。

次に、奥さんが働かれている場合ですが、そもそも万が一のことがあった場合に生涯収支が赤字になるほど70代の女性が収入を得ているのかどうか?が気になりますよね。

国税庁 平成25年度民間給与実態統計調査結果によりますと、

70歳以上の女性の平均年収

  • 就業人数:723,979人
  • 就業率:5.1%
  • 平均年収:2,005,000円

となっています。

このデータは国税庁、つまり税金を取り扱っている省庁のデータだけあって少し癖がありまして。

以下の条件に当てはまる場合、人数にもカウントしませんし、平均給与にも入ってこないんですね。

  • 従業員全員が源泉徴収対象外(年収103万円以下)の事業所に勤めている方
  • 日払いの仕事をされている方
  • 公務員など

そのため、60~64歳女性の就業率についてもズレが生じています。

  • 総務省統計局:49.3%
  • 国税庁:37%

70歳以上の女性で働かれている方はもっと多いと思いますが、年収200万円を超える方が、だいたい5%くらいおられる、と考えてもらってよいかと思います。

たとえば手取り年収200万円の女性が5年働いたとすると、

  • 200万円 x 5年間 = 1,000万円

となり、70歳で万が一のことがあったとすると、かなり大きなリスクになってしまいます。

それでも、生涯収支が黒字なのでしたら、保険に加入する必要はありません。

死亡保障が必要となるのは奥さんが働かれており、ライフプランシミュレーションの結果、生涯収支が赤字になる場合です。

ライフプランシミュレーションについては、以下の記事をご参照ください。

 生命保険の見直しの注意点とは?おさえるべき6つのポイント

とはいえ、先ほどお話したとおり、70代女性の就業率はかなり低いです。

そのため、全ての条件が揃う方は少ないと思います。

よって、基本的には死亡保障は不要だと思いますが、以下のようなケースの場合は保険に加入しておくのもひとつの選択肢になります。

家族構成は、

  • ご主人:70歳
  • 奥さん:70歳
  • お子さん:40歳

収入は、

  • ご主人:ナシ
  • 奥さん:年収200万円
  • 貯蓄額:0円

とします。

今回のシミュレーションでは、世帯主は奥さんにしてください。

シミュレーションは『倹約』で行います。

何事もなければ、

  • 収入:5,376万円
  • 支出:6,272円
  • 収支:-896万円

と大幅な赤字になっています。

この赤字を埋めるために奥さんが働かれているわけですね。

このライフプランシミュレーションでは、働くことのできる上限年齢が70歳に設定されていますので、自動で計算することができません。

そのため、手動で計算します。

奥さんが何事もなく5年間働いたとすると、

  • 収入:5,376万円 + 1,000万円 = 6,376万円
  • 支出:6,272円
  • 収支:104万円

となり、生涯収支は黒字となります。

もし、奥さんが70歳のときに万が一のことがあったとすると、

  • 収入:4,437万円
  • 支出:4,935万円
  • 収支:-498万円

と500万円近い赤字になってしまいます。

赤字となる金額は、

  • 70歳:498万円
  • 71歳:232万円
  • 72歳:67万円
  • 73歳:-120万円
  • 74歳:-271万円
  • 75歳:-440万円

となりますので、保障が必要なのは70歳~72歳の3年間のみ、となります。

リスクに備え、1,000万円の死亡保障を購入するとして、メディケア生命の『メディフィット定期』の保険金に3年間加入したとしますと、

  • 総払込保険料:14,919円 x 12ヶ月 x 3年 = 537,084円

年齢が年齢ですからどうしても大きな買い物になってしまいます。

ですが、生涯収支は赤字から黒字に転換することになります。

男性の就業率も含め、もう一度就業率を振り返りますと、

  • 65歳以上男性:31.0%
  • 65歳以上女性:15.6%

この数値を見ると、女性だけが働かれている、というケースは非常に稀であることがわかります。

そのため、奥さんに万が一のことがあった場合に生涯収支の赤字が膨らむ、すわなち死亡保障が必要となるケースも、稀であることがわかります。

つまり、ご家庭の事情にもよりますが、基本的には死亡保障は必要ない、と言えます。

死亡保障についてまとめますと、

  • 独身の方、主婦の方は基本的に不要
  • 結婚されて働かれている場合も基本的には不要

となります。

70代女性に医療保障は必要?

医療保障については、以下の記事にも記載していますので、よろしければご参照ください。

入院される確率だけ抜粋しますと、

  • 70~74歳:66,300人(1.58%)
  • 75~79歳:91,100人(2.59%)

となっています。

女性はこの年代から循環器系の疾患が凄い勢いで伸び始めます。食生活に気をつけたり、毎日軽い運動をするなど、予防に努めていきたいですね。

60代でピークを迎えた精神疾患については、入院確率、入院日数ともに減少し始めます。

とはいえ、70代でも400日を超える長期入院であることには変わりありません。

神経系の疾患についても、70代に入ると100日を超えてきますので、できれば医療保険で備えておきたいところです。

ただ、保険選びを開始される前に、まずはライフプランシミュレーションをされてみてください。

生涯収支が赤字なのでしたら、保険に加入される前に、生涯収支を黒字に転換するよう家計の見直しをされるべきです。

入院リスクは確かに怖いのですが、リスクはあくまでリスクです。

確率が高くなったとはいえ1.5~2.5%です。

そのため、まずは何事もなかったときに、お金の心配をせず暮らせるよう、家計を見直してみてください。

黒字に転換して初めて、リスクに備えるという選択肢が出てきます。

では、生涯収支が黒字であるという前提で、どういう保険で備えるのが良いか見ていきましょう。

ピンポイントで長期入院に備えるなら楽天生命の『楽天ロング』が優秀です。

『楽天ロング』

  • 保険期間:終身
  • 払込期間:終身
  • 入院日額:1万円
  • 入院保障:入院61日以降から保障。通算1,095日まで何日でも。
  • 保険料(70歳):9,000円

たとえば、この保険に70歳~85歳まで15年間加入したとすると、

  • 総払込保険料:9,000円 x 12ヶ月 x 15年 = 1,620,000円

160万円の出費となりますが、15年の間に、223日以上の入院をすれば元は取れる計算となります。

つまり、

  • 223日以上の入院をした場合
  • 142日以上の入院を2回以上した場合

ですね。

70代になりますと、高額療養費制度の保障が手厚くなり、短期入院や通院については、家計への負担はさほど大きなリスクになりません。

しかし、4ヶ月以上の長期入院については、現役世代と変わらない保障となります。

短期入院が主流になってきたとはいえ、年齢を重ねるとともに入院は長期化しがちです。

そのため、余裕があるようでしたら、この年代から長期入院に備えておくと安心と言えます。

とはいうものの、楽天ロングにはセカンドオピニオンなどのサポートがありません。そして、高齢になるにつれて長期入院よりも大きなリスクが存在します。

70代の方が備えておきたいリスクとは?

長期入院によるお金のリスクよりも考えておきたいリスク、それは

  • 体調の変化を相談できる相手がいないリスク

です。

70代に入られますと、体のいろいろなところに少しずつ変化が表れます。

「ちょっとおかしいかな…でも、ただの気のせいかもしれないし、病院に行くほどでもないかしら」

と思われることが多くなってくると思います。

そのときに病院に行っておけば早期発見・早期解決できかたもしれない病気が、悪くなってから病院に行くことによって、悪化したり、下手をすると万が一の危険に発展するかもしれません。

とはいうものの、何か変化を感じるたびに病院に行くのは非常に手間ですよね。

であれば、24時間体制で電話相談に応じてくれるサービスを利用しましょう。

SBIいきいき小短」の「新いきいき世代」なら、医療保険に付帯するサービスとして、24時間無料電話健康相談サービスがあります。

相談相手も医師・看護師といった専門家ですので、相談内容についてきちんとした回答が得られると思います。

ご自身では体調の変化に気づいていなくても、ご家族の方が変調に気づき電話をしてくれて、病気の早期発見につながる可能性もあります。

70代以降の方は、なによりも病気の早期発見・早期解決が大事だと思います。これはお金に換えられない価値だと個人的には思います。

加入年齢は79歳までですので、70代の方でしたら問題なく加入できるかと思います。

新いきいき世代

  • 保険期間:1年(100歳まで更新可能)
  • 払込期間:1年
  • 入院日額:5,000円
  • 入院保障:1日~90日
  • 手術給付:5, 10, 20万円(手術の種類による)
  • 保険料(70歳):4,760円
  • 保険料(75歳):5,730円
  • 先進医療特約:100万円まで

無料電話相談サービスやセカンドオピニオンサービスをメインと考えた場合、入院日額5,000円で十分かと思います。

繰り返しお話していますが、70代に入ると高額療養費制度は手厚くなります。

そのため、付帯サービスをメインに考え、入院や手術給付、そして先進医療特約はあくまでお守りとして利用されるのが良いかと思います。

病気を早期発見・早期解決することで長期入院のリスクも少なくなるかと思います。

そのため、まず備えておくべきリスクとして、「体調の変化を相談できる相手がいないリスク」を挙げさせて頂きました。

冒頭に述べたオススメの医療保険は「新いきいき世代」です。

ご自身の健康のために、また、親御さんのためにお子さんがかけておいてあげるのも良いかと思います。

そして、持病があっても加入できる可能性があります。まずは資料を取り寄せ、詳細を確認されてみてはいかがでしょう。

公式ページへ

70代女性にがん保障は必要?

がん保障については、以下の記事にも記載していますので、よろしければご参照ください。

がんにかかる確率だけ抜粋しますと、

  • 70~74歳:41,711人(1.09%)
  • 75~79歳:45,962人(1.33%)

微増ではありますが、確実にがんにかかる確率は増加しています。

そして70代に入ると、乳がん以外のがんが目立ち始めます。

TOPには大腸がんが、70代後半に入ると、胃がん、肺がんと続き、乳がんは4位に転落します。

定期的に健康診断を受けて、早期発見につとめたいですね。

がんはかかってしまうと、治療期間が読みづらいうえに、先進医療を利用する可能性の高い病気です。

とはいえ、高額療養費制度が手厚くなったことにより、一般所得の方でも、

  • 1ヶ月の医療費上限額:44,400円
  • 1ヶ月の外来上限額:12,000円

と、かなり出費がおさえられるようになります。

がんは入退院を繰り返し、通院による治療も多いことが特徴なのですが、通院の上限額が大幅に引き下げられたことにより、家計への負担はそこまで大きなものではなくなりました。

そのため、この年代からがん保険に加入する必要はないと思います。

すでに加入されているがん保険があるのでしたら、減額して保険料を下げるのも一つの選択肢です。

がん診断一時金を100万円から50万円に下げる、といった感じですね。

新規に加入する理由があるとすると、先進医療でしょうか。

積極的に先進医療を利用したい場合は選択肢に入ってきます。

それでも、重粒子線療法を利用したとして、かかる金額は300万円ほどです。

生涯収支が大幅に黒字なのでしたら、がん保険に加入する必要はないかと思います。

それでも、がん保険に加入されるのでしたら、シンプルな保障をオススメします。

たとえば、アメリカンホーム保険の『みんなのほすピタる 使い方いろいろ ガン一時金タイプ』ですね。

みんなのほすピタる 使い方いろいろ ガン一時金タイプ

  • 保険期間:終身
  • 払込期間:終身
  • がん診断一時金(悪性新生物):100万円
  • がん診断一時金(上皮内新生物):20万円
  • 先進医療特約:先進医療実額を累計1,000万円まで
  • 保険料(70歳):3,312円
  • 保険料(75歳):3,615円

70歳から90歳まで20年間加入したとしますと、

  • 総払込保険料:3,312円 x 12か月 x 20年 = 794,880円

80万円近い大きな買い物になってしまいますが、20年の間にがんと診断されましたら元は取れますし、先進医療も安心して利用できます。

お守りがてら入っておくのでしたら、このくらいシンプルな保険で良いかと思います。

では、実際にがんにかかってしまった場合、どのくらいのお金がかかるのでしょう。

以下に、がんにかかった場合の一例をあげてみます。

もし、5年間がんの治療にかかったとしますと、

  • 1ヶ月の治療費:100万円
  • 入院は最初の3ヵ月のみ、残りの期間は通院によるホルモン療法

まず、最初の3ヵ月の医療費ですが、

  • 44,400円 x 3ヵ月 = 133,200円

残りの期間は通院となりますので、医療費の上限は12,000円です。

  • 12,000円 x (4年間 + 9ヵ月) = 684,000円

ここで、重粒子線治療(先進医療)を受けた場合、全額実費となります。

重粒子線治療が300万円だったとして、総医療費は、

  • 総医療費:133,200円 + 684,000円 + 3,000,000円 = 3,817,200円

医療費だけで380万円以上の出費となります。

実際には、差額ベッド代、食費、ウィッグなどなど、高額療養費が適用されない出費も出てくるでしょう。

また、通院を徒歩で行うのは辛いでしょうから、タクシーなどの交通費もかかるかもしれません。

それを考えると、非常に大きなリスクであると言えます。

しかし、かかった医療費の大半が先進医療によるものです。

先進医療を利用しなかった場合の医療費は、817.200円であり、そこまで大きなリスクとは言えません。

ここで、さきほどの『みんなのほすピタる 使い方いろいろ ガン一時金タイプ』に加入していたとしますと、支払われる保険金は、

  • がん一時金:100万円 x 1回 = 100万円
  • 先進医療実費:300万円
  • 保険金総額:100万円 + 300万円 = 400万円

医療費総額を十分にカバーしたうえ、総払込保険料と比較すると元も取れている計算となります。

これだけあれば、差額ベッドを利用することも可能でしょうし、交通費に十分なお金をかけることもできます。

お金のことを気にせず、治療に専念することができるわけですね。

とはいえ、先進医療を利用しなければ、保険金と総払込保険料の差額は20万円弱です。

そのことを考えますと、先進医療を積極的に利用したい方以外は、保険料を貯蓄に回したほうが良いのではないかな、と思います。

その他に必要な保険ははないの??

可能性としては、

でしょうか。

女性保険は基本的にはオススメできません。

がん保険に加入する理由もなくなりましたし、医療保険に加入するなら長期入院に対応した保険・もしくは付帯サービスが充実した保険のほうが良いと思うためです。

とはいえ、女性特約には先進医療特約をつけられる商品が多いです。

ガチガチにリスクに備えたいわけではない、また、先進医療は利用したい、という方は加入を検討されても良いと思います。

最低限の備えはしておいて、万が一のことが起こった場合、ある程度は貯蓄を切り崩しても良いですよ、という方向けですね。

たとえば、メットライフ生命の『Flexi(フレキシィ) 女性専用タイプ』ですと、

『Flexi(フレキシィ) 女性専用タイプ』

  • 保険期間:終身
  • 払込期間:終身
  • 入院日額:5,000円
  • 女性特有の病期の入院日額:10,000円
  • 手術(入院中):10万円
  • 手術(通院):2.5万円
  • 放射線治療:10万円
  • 骨髄ドナー手術:5万円
  • 先進医療:先進医療実額を2,000万円まで保障 + 5万円
  • 健康祝い金:5年ごとに5万円
  • 保険料(70歳):6,372円
  • 保険料(75歳):7,312円

70歳~90歳まで加入したとしますと、総払込保険料は、

  • 総払込保険料:6,3727円 x 12ヶ月 x 20年 = 1,529,280円

となります。

150万円を超す大きな買い物です。

先ほど例に出したがんのケースに当てはめて、保険金を計算しますと、

  • 1ヶ月の治療費:100万円
  • 入院は最初の3ヵ月のみ、残りの期間は通院によるホルモン療法

保険金は、

  • がん入院:10,000円(乳がんであると仮定) x 60日=60万円
  • 先進医療:300万円 + 5万円 = 305万円

保険金総額は、

  • 総受取保険金:60万円 + 300万円 + 5万円 = 365万円

総医療費が 3,817,200円でしたので、15万円ほど赤字となりますが、十分な保障内容であると言えます。

次に、介護保険ですが、こちらも基本的には必要ないと考えます。

理由は、保険商品に良いモノが見当たらないためです。

介護に関するデータについては以下の記事にまとめておりますので、興味がありましたらご参照ください。

 介護保険選びに役立つかもしれない統計データざっくりまとめ

介護は、どの程度の介護状態になるかによってかかるお金が変わりますし、治療期間も読みづらいという、できれば備えておきたいリスクではあります。

ただ、そこまで大きな金額になることは稀です。

介護が必要になるリスクは80歳代から増加し続けますが、もっとも高い確率である95歳以上の女性についても、要介護5になる確率は15.3%です。

要介護5になってしまい、要介護5の平均金額で平均介護日数である4年9ヶ月間介護を続けたとしますと、

  • 296,500円 x 10% x 4年9ヶ月 = 1,690,050円

となり、長期入院に匹敵する家計ダメージとなります。

上記より長い期間介護が続くと、さらに家計ダメージは増加します。

とはいえ、これはあくまで最も重い介護状態のケースです。

もっとも重い介護状態で、備える金額は170万円ほどになります。

このことを考えると、そこまで大きなリスクではないように思えます。

とはいえ、先ほどもお話したとおり、介護期間が長引くリスクがあります。

長引けば長引くだけ家計ダメージも大きくなっていきます。

では、保険で備えておけばどうか?と思うのですが、現在販売されている保険は、あまりオススメできません。

現在の介護保険の多くは、積立型介護保険といって、終身保険+介護保障のような保険になっています。

60歳や65歳といった年齢で保険料の払い込みを終えて、そこから先は、

  • 亡くなった場合は死亡保険金を支払う
  • 要介護状態になった場合は介護一時金または介護年金を支払う

というタイプになっています。

どこがオススメできないかといいますと、コレ、貯蓄保険なんですね。

つまり、長期間資産が固定されてしまうわけです。

30歳に加入して、90歳まで運用したとしますと、実に60年間資産が固定されてしまうわけです。

低金利状態でかつ、今後インフレが起こるかもしれない現在、60年もの間、資産が凍結されてしまうのは大きなリスクであると言えます。

そのため、介護保険に加入するならその保険料を貯蓄に回して、リスクに備えたほうが良いのではないかな、と思います。

では、定期タイプなら良いのか、という話なのですが、70歳以降に加入できる定期タイプの介護保険がほとんどないのが現状です。

もっとも保障が必要になる時期に、加入できる保険がないわけですね。

そのため、介護保険はオススメできないわけです。

今後、金利が上向きになったり、70歳以降でも手厚い保障が受けられる定期タイプの介護保険が出てくれば話は変わってくるのですが・・・。

まとめ

70代女性について、生命保険を保障ごとに見てきました。

最初にもお話したとおり、70代の女性にオススメできる保険は、

  • 医療保険(新いきいき世代)

です。もし、ある程度余裕があり、リスクに備えておきたい場合、リスクに備える保険の優先順位としては、

  • 医療保険(女性保険) > 介護保険 > がん保険 > 死亡保障

で良いのではないかと思います。

ともあれ、まずは生涯収支が黒字であることをご確認ください。

黒字であれば、できればどの程度黒字であるかも正確に把握されると良いかと思います。

そうすることで、例にあげたようなリスクに対応可能かどうかもある程度判断できるかと思います。

それでも不安な方は、保険の無料相談を利用されることもご検討ください。

相談をしているうちに、ご自身が本当にほしい保障が見つかるかもしれませんし、ひょっとしたら家計をさらに改善するアドバイスをもらえるかもしれません。

豊かなセカンドライフを送るためには、まずは余計な支出を減らすこと。

その後、備えるべきリスクについて保険で備える。

そうすることで、安心して楽しめる素敵な時間を過ごしていくことができると思います。

生命保険の無料相談って何?どんなサービスなの??

生命保険無料相談サービスを比較!988人の調査から見えた結果とは?

    コメントは受け付けていません。