保険マンモスの地域別FPってどのくらいいるの??

保険マンモス地域別

保険マンモスでは、2015年10月現在1,000名以上のFPと契約しています。

とはいえ、ご自身の住まれている土地で相談できるのかどうかがわからないと相談にも二の足を踏んでしまうというものです。

公式に記載されているのは、5人以上の方と無料相談を行いアンケートを記載いただいているFPのみとなっており、2015年10月時点では276名のFPが記載されています。

2015年9月にリリースされた「FPのチカラ」により、自由にFPを検索することができるようになりました。複数の地域を担当しているFPもいますが、のべ481人のFPが登録されています。

 保険マンモス「FPのチカラ」使い方ガイド!保険無料相談の革命児はコチラ

以下に記載する人数は、「FPのチカラ」で検索することができるFPの人数です。人数はあくまで481名の内訳ですので、ざっくりとその2~3倍程度の人数がいると思っていただければ良いかと思います。

では、地域別にどのくらいのFPと提携しているのかを見ていきましょう。

北海道・東北

北海道・東北地方の提携FPは以下のとおりとなっています。

北海道・東北

  • 北海道:12名
  • 青森県:5名
  • 岩手県:8名
  • 宮城県:9名
  • 秋田県:6名
  • 山形県:6名
  • 福島県:4名

関東

関東地方の提携FPは以下のとおりとなっています。

関東

  • 茨城県:5名
  • 栃木県:3名
  • 群馬県:2名
  • 埼玉県:29名
  • 千葉県:26名
  • 東京都:50名
  • 神奈川県:41名

甲信越・北陸

甲信越・北陸地方の提携FPは以下のとおりとなっています。

甲信越・北陸

  • 新潟県:5名
  • 富山県:4名
  • 石川県:4名
  • 福井県:1名
  • 山梨県:0名
  • 長野県:1名

東海

東海地方の提携FPは以下のとおりとなっています。

東海

  • 岐阜県:17名
  • 静岡県:8名
  • 愛知県:33名
  • 三重県:14名

関西

関西地方の提携FPは以下のとおりとなっています。

関西

  • 滋賀県:12名
  • 京都府:24名
  • 大阪府:26名
  • 兵庫県:26名
  • 奈良県:19名
  • 和歌山県:12名

中国・四国

中国・四国地方の提携FPは以下のとおりとなっています。

中国・四国

  • 鳥取県:1名
  • 島根県:1名
  • 岡山県:8名
  • 広島県:10名
  • 山口県:0名
  • 徳島県:4名
  • 香川県:9名
  • 愛媛県:5名
  • 高知県:3名

九州・沖縄

九州・沖縄地方の提携FPは以下のとおりとなっています。

九州・沖縄

  • 福岡県:9名
  • 佐賀県:5名
  • 長崎県:2名
  • 熊本県:1名
  • 大分県:6名
  • 宮崎県:2名
  • 鹿児島県:2名
  • 沖縄県:1名

注意事項

ここに記載している人数は、はじめにもお話したとおり、全てのFPというわけではありません。0人となっている地域にもFPがいる可能性はありますし、近隣の県から出向いてくれることもあります。

そのため、まずは試しと申込みされてみるのが良いかと思います。

注意点としては、現在対応できていない準備地域があることでしょうか。公式より抜粋した内容によりますと、

【準備中の地域について】
大変申し訳ございません。現在、離島は準備中です。
また北海道の一部地域、四国の一部地域にも現在準備中のエリアがございます。
※上記以外の地域にお住まいの方も、お申込みの混雑状況により、サービスのご提供ができない場合がございます。
※ご希望の相談内容によって、また日程調整等が整わない場合等は、別の相談方法をご案内する場合がございます。

保険マンモス公式ページより

となっています。

とはいえ、現在もFPとの提携は進めていますし、お住まいの地域が一部地域かどうか申し込んでみないとわからないと思います。それでもダメなようでしたら、保険ショップを探されると良いかと思います。

以下のサイトからお住まいの地域の

  • 保険の窓口
  • 保険見直し本舗
  • 保険クリニック
  • みつばちほけん
  • 保険ホットライン
  • ほけん百花

を一度に検索することができます。

よろしければご利用ください。

近くの保険ショップをまとめて検索・予約・比較するなら?

申し込みのコツ

FPも人間ですから、一日は24時間しかありません。

忙しい時期に申し込みをすると、相談まで時間がかかってしまったり、無料相談を受けることができない、なんていうこともありえます。では、それを回避するにはどうすれば良いかといいますと・・・

  • FPに余裕があるときに申し込む

のが良いかと思います。

1年を通して見ると、

  • 正月
  • お盆
  • 夏休みなど

ですね。

一週間で見ると、やはり土日に予約が殺到します。そのため、平日に予約を取ると、比較的取りやすいかと思います。

ご夫婦の場合でしたら、最初の面談は奥さんのみで平日に。二回目以降はご主人同伴で土日および祝日に。という選択肢も良いかと思います。

保険マンモスについてもう少し詳しく知りたい方、もしくは申込を検討されている方は、以下のページをご参照ください。

 保険マンモスって何?理解するための6つのポイント

 保険マンモスの口コミ評判まとめ

    コメントは受け付けていません。