終身保険・定期保険選びに役立つかもしれない統計データざっくりまとめ

データ

終身保険や定期保険に加入するかどうかを考える際に、

  • 亡くなる確率ってどのくらいなんだろう?
  • 亡くなるとしたらどういった要因で亡くなることが多いのだろう?

といったことが気になると思います。

そこで、ざっくりと統計データをまとめてみました。

保険選びの際の参考にしてみてください。

はじめに

この記事のデータ元は、

です。

なるべく手を加えないで記載していますが、誤記などありましたら、随時指摘いただけると幸いです。

また、この記事で紹介しているのは、全年齢を対象とした、ざっくりとした概要です。

年齢ごとに詳細な内容を知りたい方は、ご自身の年齢の記事をご参照ください。

年齢別の記事

死亡数に関する統計情報

まず、年齢別にどのくらいの方が亡くなられるのかを見ていきましょう。

年齢 総数
0 ~ 4歳 2,958
5 ~ 9 453
10 ~ 14 467
15 ~ 19 1,268
20 ~ 24 2,420
25 ~ 29 2,893
30 ~ 34 3,908
35 ~ 39 6,435
40 ~ 44 10,121
45 ~ 49 14,053
50 ~ 54 20,577
55 ~ 59 31,360
60 ~ 64 62,928
65 ~ 69 82,495
70 ~ 74 111,414
75 ~ 79 161,269
80 ~ 84 224,158
85 ~ 89 244,047
90 ~ 94 177,392
95 ~ 99 85,283
100歳以上 21,978

死亡数の推移を見ると

80代後半まで伸び続け、その後ゆるやかに減少していきます。

60代に入ってからの伸びが強いですね。

年齢によるものもあると思いますが、これまで張りつめて働いていた方が、セカンドライフに入ることによって、気が抜けてしまう、というのもあるかもしれません。

次に、男女別に亡くなられる方の推移を見てみましょう。

年齢
0 ~ 4歳 1,618 1,340
5 ~ 9 269 184
10 ~ 14 284 183
15 ~ 19 876 392
20 ~ 24 1,724 696
25 ~ 29 2,009 884
30 ~ 34 2,532 1,376
35 ~ 39 4,160 2,275
40 ~ 44 6,511 3,610
45 ~ 49 9,044 5,009
50 ~ 54 13,505 7,072
55 ~ 59 21,240 10,120
60 ~ 64 43,622 19,306
65 ~ 69 57,082 25,413
70 ~ 74 74,808 36,606
75 ~ 79 101,773 59,496
80 ~ 84 127,275 96,883
85 ~ 89 112,566 131,481
90 ~ 94 54,874 122,518
95 ~ 99 19,209 66,074
100歳以上 3,250 18,728

男女別に見ると

70代までは、圧倒的に男性が女性を上回っています。

その年齢までは、男性が女性より2倍ほど亡くなりやすいです。

ちょっと驚きの数値ですね。

その後、男性は緩やかに減少。女性は80代後半まで高い水準を保っています。

死亡率に関する統計情報

次に、死亡率のデータを見てみます。

80歳以上の方については、亡くなられる確率が跳ね上がり、グラフが非常に見づらくなるため、グラフからは除外しています。

年齢 総計
0 ~ 4歳 0.06%
5 ~ 9 0.01%
10 ~ 14 0.01%
15 ~ 19 0.02%
20 ~ 24 0.04%
25 ~ 29 0.04%
30 ~ 34 0.05%
35 ~ 39 0.08%
40 ~ 44 0.10%
45 ~ 49 0.16%
50 ~ 54 0.26%
55 ~ 59 0.41%
60 ~ 64 0.73%
65 ~ 69 0.87%
70 ~ 74 1.42%
75 ~ 79 2.56%
80 ~ 84 4.52%
85 ~ 89 7.80%
90 ~ 94 12.95%
95 ~ 99 22.44%
100歳以上 36.63%

死亡率の推移を見ると

40代までは緩やかに上昇し、50代に入ると少し加速します。

70代に入ると一気に跳ね上がっています。

それまで会社の健康診断等で健康チェックをされていた方が、健康診断がなくなったことにより、病気の発見が遅くなってしまった可能性も考えられます。

病気はなにより早期発見が大事です。

面倒がらず、自治体のサービスなどもうまく活用して、早期発見、早期解決していきたいですね。

次に、男女別に死亡率の推移を見てみます。

年齢
0 ~ 4歳 0.06% 0.05%
5 ~ 9 0.01% 0.01%
10 ~ 14 0.01% 0.01%
15 ~ 19 0.03% 0.01%
20 ~ 24 0.05% 0.02%
25 ~ 29 0.06% 0.03%
30 ~ 34 0.07% 0.04%
35 ~ 39 0.10% 0.05%
40 ~ 44 0.13% 0.07%
45 ~ 49 0.21% 0.12%
50 ~ 54 0.34% 0.18%
55 ~ 59 0.56% 0.27%
60 ~ 64 1.03% 0.44%
65 ~ 69 1.25% 0.52%
70 ~ 74 2.06% 0.87%
75 ~ 79 3.63% 1.69%
80 ~ 84 6.40% 3.26%
85 ~ 89 10.62% 6.35%
90 ~ 94 16.14% 11.89%
95 ~ 99 27.44% 20.65%
100歳以上 32.50% 31.21%

男女別に見ると

死亡率については、女性が男性を上回ることは一度もありません。

女性の死亡率の伸びは70代から始まるのに対し、男性は60代から始まっていることもわかります。

先ほどもお話しましたが、男性の方は特に健康チェックに気を使っていきたいですね。

死因別統計情報

では次に、死因別の統計データを見ていきましょう。

この項では、総計ではなく、男女別に見ていきます。

また、表を載せると非常に見づらいため、グラフのみで見ていきます。

表を見たい方がおられましたら、連絡を頂ければcsvデータをお渡ししますので、お気軽にご連絡ください。

まずは男性から

男性については

人数としては多くないですが、10代から40代までの自殺者の割合が高いことに驚きます。

若いうちに自ら亡くなってしまうのは非常にもったいないですね。

次に、悪性新生物(がん)ですね。

50代以降の伸びが非常に高いです。

日本人の3人に1人ががんにかかると言われている現在。

やはり、もっとも警戒しないといけない病気ですね。

次に、女性について見てみます。

女性については

女性についても、若いうちは自殺で亡くなられる方が目立ちます。

そして、悪性新生物ですが、男性よりもピークが早く、40代後半には50%を超えてきます。

50代には60%にせまろうかという勢いです。

そのため、男性よりもがんに対する警戒が必要と言えます。

がんはとにかく早期発見することが大事ですから、定期的に健診を行いたいところです。

家事に育児にと忙しいとは思いますが、まずはご自身の体を第一優先に考えていきたいですね。

まとめ

ざっくりとではありますが、死亡保障を考えるにあたってお役に立ちそうなデータを集めてみました。

ただ、忘れないでいてほしいのは、確率が低くても起こるときは起こってしまう、ということです。

万が一、とよく言われますが、確率が0.01%でも、0%でない限り起こるときは起こります。

そういった事態が起こってしまったとき、残された人たちに少なくとも金銭的な負担を与えないよう、うまく保険を活用して頂ければと思います。

    コメントは受け付けていません。