がん保険女性のほうが高いのはなぜ?ガードエックスで検証

なぜ

「がん保険に入ろうと思ってシミュレーションしてみたんだけど、男性より女性のほうが高いのはなぜ?」

という疑問を頂きましたので、データを元に検証していきたいと思います。

65歳程度まで女性のほうががん罹患率が高い!

2011年 国立がん研究センターのデータによると、60歳程度までは、男性より女性のほうががん罹患率が高いです。

データをもとにグラフ化したのがコチラです。

がんにかかる人が多いということは、それだけ保険金を支払う可能性が高くなるわけですから、同一年齢でも男性より女性のほうが高いわけですね。

たとえば、

  • がんにかかった場合、保険金は100万円
  • 男性は100人に1人ががんにかかる
  • 女性は100人に2人ががんにかかる

このような状況の場合、

男性については、一人あたり1万円の保険料をもらえば、

100人 x 1万円 = 100万円

ですので、がんにかかった方に保険金を支払うことができます。

女性については2人がんにかかりますので、支払う保険金は200万円になります。

この場合、一人あたり1万円ずつの保険料ですと赤字になってしまいますよね。

そのため、一人あたりの保険料は2万円となります。

100人 x 2万円 = 200万円

他にも、保険料計算にはさまざまなデータがからんでくるのですが、ざっくりこのような感じとイメージしていただければ良いかと思います。

このため、女性の保険料のほうが高くなるわけです。

ガードエックスでシミュレーション

がん保険の中でも人気商品である、メットライフ生命の『ガードエックス』で保険料のシミュレーションをしてみましょう。

ガードエックス

  • 保険期間:終身
  • 払込期間:終身
  • がん治療給付金:100万円
  • 先進医療特約つき

上記条件で、30歳の保険料を試算してみると、

  • 男性:1,873円
  • 女性:3,247円

2倍近く差がありますね・・・。

がん罹患率を見てみると、30歳から39歳までの間にがんにかかる確率は、

  • 男性:0.5%(200人に1人)
  • 女性:1%(100人に1人)

と、ほぼ倍の数値になっています。

女性の保険料が高いのもうなずけます。

では、60歳ならどうでしょう?

  • 男性:6,136円
  • 女性:6,511円

ほとんど差がなくなりましたね。

60歳~69歳までの、がん罹患率は、

  • 男性:16%
  • 女性:9%

と、男性の方が女性を上回る結果となりました。

70歳の保険料を計算すると、当然・・・

  • 男性:7,855円
  • 女性:6,579円

と男女の保険料は逆転しています。

がん保険の保険料は、おもにがん罹患率から計算されているのがわかりますね。

若いうちは女性のほうが男性よりがんにかかる確率が高い、そのため、がん保険の保険料も高い、ということがわかっていただけたかと思います。

ただ、ここまで差が出るのは実はガードエックスの特徴によるものでして。

  • 上皮内新生物でも保険金が出る
  • 入院を考慮しない
  • 高度先進医療を利用した時、実額の20%もプラスして支払われる

上記を考慮していないがん保険では、女性と男性の保険料に差がない、もしくは、男性の保険料が女性の保険料を上回るケースも出てきます。

安ければ良い、というわけではありませんが、ご自身の望む保障がついていて、かつ保険料も安いならそれにこしたことはありません。

保険を選ぶ際には、なるべく多くの商品を見比べてみるのが良いと思いますよ。

 TOPページへ

    コメントは受け付けていません。