がん保険と医療保険の違いって?

医療

がん保険と医療保険の違いは、

  • がん保険はがんに特化した保険
  • 医療保険は入院や通院などの病気全般をカバーする保険

です。

それぞれの特性は?

医療保険は病気全般をカバーするオールマイティな保険。

がん保険は、がんにのみ特化することで保険料をおさえた保険です。

医療保険でも、がんに対する保障はあるものが多いですので、がん保険は医療保険の中に含まれる、とも言えます。

保障内容を図にすると、

このように、医療保険の保障のなかに、がん保険の保障が入る形になります。

保障内容の違いをざっくりと説明しますと、

医療保険

  • 入院や手術をするとお金がもらえるタイプが多い。逆に言うと、通院のみだとお金がもらえない
  • 先進医療に対応している保険も多い
  • オプションでがんの保障をつけると、がんと診断された場合に一時金をもらえるモノが多い

がん保険

  • がんと診断される、また、がんの治療を受けた場合、一時金がもらえる
  • オプションで入院や通院の保障もつけられる
  • ほとんどの保険が先進医療に対応している

 

がんの病気に特化して、がん保険が作られているのは、

  • 日本人の2人に1人ががんになる
  • 治療期間が読みづらく、長期になりやすい
  • 先進医療を使用する機会が多い

という3点からです。

通常のけがや入院に対しては貯蓄で備えることができても、がんになった場合、治療費が足りない可能性があるかもしれない。

そういった人が、がん保険に加入することが多いですね。

また、医療保険は医療保険で加入しておき、がんに対しては、別途がん保険で備える、という方も多いです。

医療保険とがん保険の両方に加入する場合は、医療保険はおまもり程度ととらえ、保障を薄くして保険料をおさえる。

そして、がんにはがん保険で備える、という感じですね。

医療とがん、両方に入るなら保険会社を分けるのも手です

医療保険とがん保険で別々に加入する場合、保険会社を別々にする方も多いようですね。

  • A社は、医療保険は良いけどがん保険はイマイチ
  • B社は、医療保険はイマイチだけど、がん保険の保障はぴったり

そういった場合、医療保険はA社で、がん保険はB社でそれぞれ加入する、いわゆる「保険のいいとこどり」をすることができます。

ただ、これをすると、請求をする際など面倒ですので、複数の保険を扱っている代理店や、保険の無料相談サービスを利用することが多いようです。

そうすることで、保険金請求などの手続きを、すべて専門家がやってくれます。

がんなどになってしまった場合に、「A社に連絡して、B社にも連絡して・・・」なんてことを考えると気がめいりますよね。

そういうことがないように、保険を引き受けた専門家が代理で請求をしてくれるわけなのです。

加入するならどっちが良いの?

どちらか一方に加入する、という場合でしたら、個人的には

  • がん保険

をオススメします。

理由は、

  • 生涯にがんにかかる確率が2人に1人と高い
  • がんは治療期間が読みづらいため、リスクに備えづらい
  • がん治療が長期にわたることが多い
  • がんは先進医療を利用する機会が多い
  • 医療保険は入院や手術をしないとお金がもらえないケースが多いが、がん保険は、がんと診断されたら一時金で大きなお金がもらえる。
  • 近年、通院での治療がメインになってきているため、入院や手術に対する備えはあまり必要ないと思われる
  • 高額療養費制度を利用すると、短期の治療はそこまで家計に影響しない

とはいえ、通常の病気でも、入院が長引くものもあります。

  • 統合失調症等:561日
  • アルツハイマー病:236日
  • 脳血管疾患:93日

(平成23年の厚生労働省「患者疾患」より)

これらの病気にかかった場合、家計の負担が少ないとは言い切れません。

しかし、統合失調症の発症率は1%程度と、がんにかかる確率に比べると格段に低いです。

不安な方は、おまもり程度に医療保険に加入しておくと良いかもしれません。

保険料はどれくらい違うの?

医療保険にもがん保険にも、それぞれいろいろな種類があります。

ご自身にあった保険を選択されるのがベストだとは思いますが、一例をあげてみますね。

  • がんの保障も手厚いオリックス生命の新CURE(医療保険)
  • がんに関してはかなり手厚い保障のメットライフ生命のガードエックス(がん保険)

保険料は35歳の保険料を記載しています。

新CURE

  • 保険期間:終身
  • 払込期間:終身
  • 入院日額:5,000円
  • 手術:入院中:10万円、外来25,000円
  • がん診断一時金:50万円
  • がん通院:5,000円
  • 高度先進医療特約付加
  • 保険料:男性:2,782円
  • 保険料:女性:2,807円

ガードエックス

  • 保険期間:終身
  • 払込期間:終身
  • がん診断一時金:100万円
  • 高度先進医療特約付加
  • 保険料:男性:2,274円
  • 保険料:女性:3,809円

保険料だけをみると、新CUREのほうが良さそうに見えますよね。

新CUREとガードエックスの、がんの保障のみについて比較すると、

  • 新CUREは、がん診断一時金が50万円。1度支払われると2年経過しないと支払われない。
    ガードエックスは、がんの治療を受けたら100万円。1年経過後に治療を受けたら、また100万円。通算5回まで受け取れる。
  • 新CUREの通院保障は、がんで入院した場合のみ。また、保障は1年間のみで、通算60日が限度
  • ガードエックスにはホルモン療法に対する保障アリ。
  • 新CUREの先進医療保障は実額のみ。
    ガードエックスの先進医療保障は、実額+実額の20%

と、このような違いがあります。

医療保険にがん特約を付加した場合、保障内容の多くに、いろいろな制限がついてきます。

新CUREの場合ですと、

  • がん診断一時金は一度もらうと、2年経過しないと次はもらえない
  • がんの通院給付金は、がんで入院した後の通院でないともらえない。
  • がんの通院給付金は、がんで入院後1年間しかもらえない。
  • がんの通院給付金は、通算60日までしかもらえない。

たとえば、がんの治療に1年以上かかってしまい、入院20日、手術を1回行った場合、

  • 新CURE:50万円(がん一時金) + 5,000円 x 60日(がん通院給付) + 5,000円 x 20日(入院給付) + 10万円(手術給付) = 100万円
  • ガードエックス:100万円 x 2(がん一時金) = 200万円

100万円で12ヶ月ですと、月々83,000円しかもらえない計算となり、家計への影響が心配になってしまいますが、200万円で12ヶ月ですと、月々16万円もらえますので、とりあえず安心できる金額かと思います。

あくまでシミュレーションのお話ですので、現実とは違うと思います。

しかし、安いから、といって、よく保障内容を見ないで契約するのは危険です。

何かあった場合に、どのくらいの期間、いくらくらい必要なのか、じっくりと考えながら、保険を決めていきましょう。

 

 TOPページへ

    コメントは受け付けていません。