がん保険に特約は必要?

特約

主契約とは、保険の本体であり、保険に加入する際には必ず入らなければいけないモノです。

対して特約は、オプションとも呼ばれ、つけてもつけなくてもどっちでも良い、というモノですね。

これは、がん保険に限らず、どの保険でも同じです。

主契約がシンプルなほうが、特約で必要な保障だけをつけられますので、保険の知識がある方にとっては便利と言えます。

俗に言う「パッケージ商品」は、主契約になんらかの特約をつけて売っている商品が多いですね。

特約はつけたほうがいいの?

特約をつけたほうが良いかは、

  • 主契約の保障内容
  • ご自身が望む保障の内容
  • 保険料

この3つのバランスによって決まります。

たとえば、

  • がんと診断されたら100万円もらえる
  • 1度お金をもらったら、2年以上たたないとお金はもらえない

というがん保険に入っていたとします。

そして、がんになってしまいましたと仮定します。

ケース1

まず、100万円を受け取ることができます。

がんは思ったほど進行しておらず、半年ほど通院したところで完治しました。

1か月あたりにかかった医療費を10万円と設定すると、

10万円 x 6ヶ月 = 60万円

となり、100万円で十分まかなうことができました。

このケースですと、主契約だけで十分足りています。

では、別のケースを見てみましょう。

ケース2

こちらのケースでも、まず100万円を受け取ることができます。

がんが予想以上に転移しており、治療に1年半かかりました。

1か月あたりにかかった医療費を10万円と設定すると、

10万円 x 18ヶ月 = 180万円

また、重粒子線治療を受けましたので、別途300万円かかってしまいました。

180万円 + 300万円 = 480万円

となり、がん保険に入っていたにもかかわらず、380万円出費することになってしまいました。

このケースですと、

  • 先進医療特約をつける
  • がん入院かがん通院特約をつける、もしくは
    主契約で支払条件が1年に1回の商品に加入する

という保険に加入、もしくは特約をつけていれば、保険金で医療費をまかなえたと思います。

しかし、その分保険料は高額になります。

すべてのリスクに対応しようとすると、とてもじゃないですが、お金がいくらあっても足りないと思います。

そのため、保険料と保障のバランスを見極め、ご自身にとって、ベストな保険を作ることが大事になります。

がん保険の特約ってどんな種類があるの?

がん保険につけられる特約の代表的なものをあげ、個人的な要不要の考えを記載していきますね。

がん診断一時金

  • 必要度:◎
  • 保障内容:がんと診断されたとき一時金がもらえる
  • 補足:通常は主契約に組み込まれていることが多いのですが、一部のがん保険では特約になっているものがあります。
    手術・通院・その他諸経費など、何にでも使えますので、できればつけておきたい保障です

先進医療特約

  • 必要度:◎
  • 保障内容:先進医療を受けた際に、実額(+α)を受け取れる
  • 補足:がん治療における、大きな出費になりがちな先進医療を保障してくれる特約です。商品によっては、実額だけでなく、交通費や実額+20%を受け取れるものもあります。保険料も平均して100円程度と決して高くありませんので、できればつけておきたい保障です

抗がん剤・ホルモン治療・放射線治療一時金

  • 必要度:○
  • 保障内容:所定の治療を受けた際に一時金がもらえる
  • 補足:通院での治療が主流になっている現在、治療を受けることが支払条件になっているのは、ありがたいです。特にホルモン治療などは5年以上かかることも珍しくありません。長期の経済リスクに備えることができるのは、ご家族にとっても大事なことだと思います

入院給付特約

  • 必要度:△
  • 保障内容:がんで入院した場合、入院日数に応じてお金がもらえる
  • 補足:入院期間が短くなっている現在、特に必要ないと考えます。高額療養費制度を利用すれば、月をまたがない入院であれば、そこまで大きな金額にはなりません。
    怖いのは長期入院ですが、そのリスクはがんよりも普通の病気のほうが高いです。ですので、入院給付をつけるのであれば、がん保険ではなく、医療保険につけたほうが良いと思います。

手術給付特約

  • 必要度:△
  • 保障内容:がんで手術をした場合、一時金がもらえる
  • 補足:こちらも、高額療養制度を利用すれば、そこまで大きな金額にはなりません。そのため、基本的には不要だと思います。

通院給付特約

  • 必要度:△
  • 保障内容:がんで通院した場合、通院日数に応じてお金がもらえる
  • 補足:通院での治療が多くなっているとはいえ、個人的には不要だと思います。検査等の通院でしたら診断一時金でまかなうことができますし、治療にかかるお金が不安でしたら、治療用の特約を付加してほうが良いと考えるためです。

無事故給付特約

  • 必要度:△
  • 保障内容:一定期間がんにならなかった場合、お金がもらえる
  • 補足:もらうお金を自分で積み立てているようなものです。保険は保険、貯蓄は貯蓄で分けて考えたほうが良いと思います。

女性特約

  • 必要度:○
  • 保障内容:女性特有のがんにかかった場合、お金がもらえる
  • 補足:商品によって保障内容はマチマチですが、加入を検討しても良いと思います。女性がかかりやすいがんである乳がんは、治療が長期化しがちですし、若いうちにかかってしまう可能性が高いです。
    乳房再建術などに対応している商品もありますので、若くて貯蓄がないうちはつけておいて、ある程度貯蓄がたまってきたら外す、という選択肢もアリだと思います。

保険料払込免除特約

  • 必要度:◎
  • 保障内容:がんにかかった場合、以後の保険料を払わなくて良くなる
  • 補足:がんにかかると、経済的負担は増えますし、治療期間中は働くことができません。そのため、がんにかかった後の家計負担を少しでも減らすためにも、できればつけておきたい特約です。

ざっくりですが、がん保険につけられる特約を記載しました。

この中には、主契約に組み込まれている保障もあります。

最初にも書きましたが、

  • 主契約の保障内容
  • ご自身が望む保障の内容
  • 保険料

この3つの要素をうまくバランスを取って、特約をつけるかどうか考えていきましょう。

    コメントは受け付けていません。